質問 ID:3216
[Bio-Plex 3Dシステム] 流路の詰まりが疑われます。対処法を教えてください。
回答
以下の方法で、流路を洗浄してください。
なお、ニードル(サンプルプローブ)の高さの確認と調整も行ってください。

1)ニードルを外し、全体もしくは先端部分を蒸留水につけ、2-3分超音波洗浄してください。
2)先端の細い側から、シリンジを用いて蒸留水を流してください。
3)ニードルを機械に戻し、高さ調整を行ってください。
4)次の操作を行ってください(MaintenanceタブのCmd&Routinesを使用すると便利です)。
  3回BackFlushes, 3回Drains, 2回Alcohol Flushes, 3回 Wash(蒸留水)
5)Calibrationを行い、毎秒250Beads流れるかどうか、CalibrationがPASSするかどうか確認してください。

もしも汚れがひどい場合は、上記4)のステップの前に次の操作を加えてください。
4a)オフプレートリザーバーに、0.1N NaOHを加えて、Sanitizeの操作を2回実施。
4b)オフプレートリザーバーに、10-20%のブリーチを加えて、Sanitizeの操作を2回実施。
関連項目
[Bio-Plexシステム | 機器 | 本体 | Bio-Plex 3D System]
[Bio-Plex 3Dシステム] CalibrationやVerificationがパスしません。どんなことが理由として挙げられますか?
[Bio-Plexシステム | 機器 | 本体 | Bio-Plex 3D System]
[Bio-Plex 3Dシステム] 測定するサンプルが非常に汚いため、システムで測定後の洗浄を念入りに行いたいのですが、洗浄操作を数回繰り返すことなどを自動的に行うことはできますか?
[Bio-Plexシステム | 機器 | 本体 | Bio-Plex 3D System]
[Bio-Plex 3Dシステム] ニードル(プローブ)の交換方法・洗浄方法を教えてください。
[Bio-Plexシステム | 機器 | 本体 | Bio-Plex 3D System]
[Bio-Plex 3Dシステム] ニードルの高さ調整はどのようにすればよいでしょうか? 測定プレートを変えるたびに再調整する必要がありますか?
 上のカテゴリへ  ページトップへ