Droplet Digital PCRとは

Droplet Digital PCR (ddPCR)はバイオ・ラッドのユニークなデジタルPCR技術です。
ターゲットDNA/RNAの濃度を、検量線を作成すること無しに、高感度・高精度に絶対定量することができます。詳しくは下記製品紹介ページをご覧ください。

バイオ・ラッドでは2012年販売以来現在までddPCRテクノロジーとしてQX100システムとQX200システムを提供していますが、既にがん・感染症・遺伝子発現等の研究において数多くの論文に掲載されています。今後も新しい発見へのddPCRテクノロジーの応用が期待されます。

Droplet Digital PCR技術資料のご紹介

日本国内でユーザー様が出された論文を弊社で概要をまとめた資料(アプリケーションガイド)を作成いたしました。
以下のリストのリンクをクリックし、必要事項を記入していただくと、PDFファイルをダウンロードできます。

概要キーワード
Pre-Amplificationによるサブサンプリング問題を克服した膵がん、大腸がんにおけるQX Droplet Digital™ PCR (ddPCR™)による極少KRAS変異検出法の開発 膵がん, 大腸がん, liquid biopsy, 低頻度変異解析, サブサンプリング問題, Pre-Amplification
シングルセルドロップレットデジタルPCR法(sc-ddPCR法)の確立と幹細胞遺伝子治療後の遺伝子導入細胞の生着率解析シングルセル解析, 幹細胞遺伝子治療, lineage mapping
QX Droplet Digital PCRによる正確で高感度なVector Copy Number(VCN)定量遺伝子治療, 幹細胞治療, Vector Copy Number (VCN)
QX Droplet Digital PCRを用いた膵癌特異的反復配列RNAの血中高感度測定法による膵癌スクリーニング法開発と前膵癌病態囲い込みの可能性膵癌, 癌特異的反復配列RNA, 癌診断マーカー, liquid biopsy, 癌スクリーニング法開発
QX Droplet Digital PCRを用いた体系的HDR/NHEJ比率の定量法ゲノム編集, HDR/NHEJ比率, CRISPR/Cas9, TALEN, iPS
QX Droplet Digital PCRを用いた血漿cfDNAのHER2遺伝子増幅の高感度・高精度検出による再発監視、分子標的薬治療効果予測・判定への可能性大腸がん, circulating tumor DNA(ctDNA), がんマーカー, liquid biopsy, 術前後腫瘍量モニタリング
QX Droplet Digital PCRを用いた血漿ctDNA中の腫瘍マーカー変異検出による大腸がん患者の体内腫瘍量の評価大腸がん, circulating tumor DNA(ctDNA), がんマーカー, liquid biopsy, 腫瘍量モニタリング
QX Droplet Digital PCRを用いたPallister-Killian症候群(PKS)における12pイソ染色体モザイク率・コピー数のFISH法との定量比較難治性希少疾患, 体細胞モザイク, FISH, データバリデーション
QX Droplet Digital PCR (ddPCR)を用いた限局性皮質異形成症(FCD)タイプ IIbにおけるMTOR体細胞モザイク変異率のバリデーション難治性希少疾患, 体細胞モザイク, NGS, データバリデーション
非薬剤選択によるTALEN、CRISPR/Cas9を用いた点変異ゲノム編集を用いた点変異ゲノム編集iPS株樹立のQX Droplet Digital PCR (ddPCR)を用いた新スクリーニング法iPS, CRISPR/Cas9, TALEN, ゲノム編集, 安定株(Stable Clone Stable Clone)
がん細胞株におけるQX Droplet Digital PCR(ddPCR)を用いたMET遺伝子のCNV増幅検出CNV 増幅, EGFR-TKI, MET, EGFR-TKI, MET遺伝子, モニタリング, FFPE, cfDNA
QX Droplet Digital PCR(ddPCR)を用いたC型肝炎ウイルス(HCV)コアタンパク質70番目のアミノ酸変異のハイスループット&高感度検出ミューテーション, ウイルス, 高感度検出, モニタリング, SNP

その他の日本語資料

QX200 Droplet Digital PCR System 製品カタログ C10561
レアミューテーション検出ベストプラクティスガイドライン Z10718 1505A
Technical Briefより デジタルPCR関連の記事
デジタルPCR製品に関するよくある御質問
ページ上部に戻る