このコーナーでは、定期的にバイオ・ラッドの新製品や技術情報のトピックをご紹介します。

 次世代PCRとも言えるドロップレットデジタルPCR(以下ddPCR)は非常に多くの微小区画に分割した状態でPCRを行い、各微小区画のPCR産物を検出し、統計解析することでターゲット遺伝子の絶対定量を可能にしました。絶対定量ということは遺伝子のコピー濃度として算出されますので、これを利用することでqPCRでは煩雑なNGS(次世代シークエンシング)のライブラリ定量をより簡便に行うことができます。

今回ご紹介する技術資料では、イルミナ社のTruSeqライブラリ調製キットを使用した後のサンプルを弊社のddPCRシステムとddPCR library quantification kit for Illumina TruSeqを組み合わせることで、各ライブラリを精度よく定量できることを示しています。ddPCRでの定量結果を踏まえてシークエンスを行い、実際のシークエンスした結果からもライブラリ量は均一性が高いことが確認されています(下図)。

ClickしてPDFを表示

 今回の資料には含まれませんが、NGSで行われているRNAシークエンスによる発現量解析の、定量性のバリデーションにもddPCRは用いることができます。NGSとddPCRはお互いを補完する関係とも言えます。