このコーナーでは、定期的にバイオ・ラッドの新製品や技術情報のトピックをご紹介します。

 セラミックハイドロキシアパタイト(CHT)は、抗体医薬などの製造工程で重要な役割を果たしていますが、抗体精製だけでなく、幅広いpIのタンパク質や核酸の分離・精製にも用いることができます。
CHTの分離・精製原理は、カルシウムイオンによる金属アフィニティーとリン酸基による陽イオン交換に基づくミックスモードと言われています。
タンパク質やアミノ酸の場合は、カルボキシル基がCHTのカルシウムイオンとの親和性があり、アミノ基がCHTのリン酸基との親和性があるため吸着します。核酸の場合は、リン酸基がCHTのカルシウムイオンとの親和性によって吸着します。(下図参照)

ClickしてPDFを表示 ClickしてPDFを表示 ClickしてPDFを表示

溶出はリン酸イオンを高濃度にすることが一般的な手法です。また、塩基性タンパク質の場合は塩化物イオンでも溶出されます。いずれも、中性付近のバッファーで溶出することができ、マイルドな条件でクロマトグラフィーでの精製を行うことができることもメリットの一つです。

 ミックスモードであることを生かして、同じタンパク質であっても修飾の違いで吸着・溶出のパターンが変わることがあります。
また、ssDNAとdsDNAの分離も可能です。
下のクロマトグラムは、オボアルブミンのリン酸化の有無で、分離パターンが異なること示します。 初期精製から最終精製(ポリッシング)まで、CHTはどのステップにも使用できます。

ClickしてPDFを表示
今回の記事の関連情報
クロマトグラフィー関連のバックナンバー
ページ上部に戻る