このコーナーでは、定期的にバイオ・ラッドの新製品や技術情報のトピックをご紹介します。

 ケモカインはサイトカインのサブグループとして大きなファミリーを形成しており、現在までに約50のケモカイン、約20のケモカイン受容体が同定されています。ケモカインシステム全体がバランスを保っていることは、正常な生理機能の維持のために極めて重要で、このバランスの乱れはさまざまな疾患(がん、自己免疫疾患、血管疾患など)の進展に関係します。逆に言えば、このような疾患とケモカインとの関係を研究することは、ケモカインやその受容体をターゲットとした新たな薬剤・治療法の開発にもつながります。

 Bio-Plex Pro Human Chemokine 40-plexパネルを用いると、がんやさまざまな炎症性疾患、感染症などに関与する40種類のケモカインを一度に網羅的に測定可能です。今回ご紹介する資料では、このChemokineパネルの基礎的な評価データと、臨床サンプルを含めた何種類かのサンプルの測定データが掲載されています。

 喘息、COPD、心血管疾患および脳卒中の患者の血清を測定し、いくつかのケモカインで健常群よりも有意に高い値が得られています(下図)。

ClickしてPDFを表示

THP-1細胞をLPSとConA、PBMC(末梢血単核細胞)をPMA、ionomysinなどでそれぞれ刺激して、それらの培養上清を測定し、多くのケモカインの分泌量が刺激後に増加することが確認されました(下図)。

ClickしてPDFを表示