このコーナーでは、定期的にバイオ・ラッドの新製品や技術情報のトピックをご紹介します。

Droplet Digital PCR(以下ddPCR)は遺伝子変異の検出において他の従来法(リアルタイムPCRなど)と比べて高感度の結果が得られるため、基礎研究および臨床研究の利用に拡がっています。

 今回ご紹介する資料では二名の研究者の方が実際に変異検出にddPCRを利用して有効であったことを示しています。
 最初の研究では、高頻度のSNV(single nucleotide variations)が生じているiPS細胞株のサンプル(他の手法でも確認済み)はもちろんのこと、低頻度の体細胞でのSNVもddPCRでは検出ができています。
 二番目の研究では、ASE(Allele-specific expression; アリル特異的遺伝子発現)研究の中で、ゲノムDNAのSNPアッセイを実施していますが、リアルタイムPCRではアリル判別ができなかったサンプルでもddPCRではアリルの型は明確に判別しています(下図参照。FAMプローブはSNPのGを、VICプローブはSNPのAをそれぞれ検出。

Clickして記事を表示

 バックグラウンドの多い状態での変異検出は従来法では困難な場合がありますが、ddPCRではサンプルを非常に多くのドロップレットに分割することでバックグラウンドの影響を下げて高感度に変異を検出することが可能です。

今回の記事の関連情報