このコーナーでは、定期的にバイオ・ラッドの新製品や技術情報のトピックをご紹介します。

Sulfolobus solfataricusから得られたSso7dというdsDNA結合タンパク質はDNAポリメラーゼと融合させることにより、そのDNAポリメラーゼの処理能力(Processivity)を上昇させることが可能です。今回紹介するWebページはDNAポリメラーゼの概説とDNAポリメラーゼにSso7dを融合させる有効性について紹介を行っています。

下表は、Taq ⊿289(Taqから5'-3'エクソヌクレアーゼ活性を除去した酵素)、Taq、そしてハイ・フィデリティ酵素の一種であるPfuの処理能力がSso7dを融合することで上昇していることを示しています。またSso7d融合した場合でも熱安定性(t1/2欄)が融合しない場合とほとんど同じであることも示しています。

Sso7d table

Sso7dが融合されたDNAポリメラーゼは処理能力が高く、PCRの時間を短縮することができます。またPCR阻害への耐性も得られます。バイオ・ラッドのPCR試薬、リアルタイムPCR試薬ではこのSso7d融合DNAポリメラーゼを採用した製品がございます。下記にSso7dの技術を利用した製品をご紹介いたします。

今回の記事の関連情報
今回ご紹介した記事の全文はこちらからご覧いただけます。 PCR試薬の製品紹介ページへのリンク リアルタイムPCR試薬の製品紹介ページへのリンク
デジタルPCR・PCR関連記事のバックナンバー