このコーナーでは、定期的にバイオ・ラッドの新製品や技術情報のトピックをご紹介します。

モノクローナル抗体(mAb)は、精製過程で凝集体を生成しやすく、抗体医薬などの製造工程では、凝集体は不純物として取り除く必要があります。
本記事では、カラム上で生成される凝集体が、陽イオン交換担体の種類によって違いがみられるか比較しています。

本記事では、様々な陽イオン交換担体であるモノクローナル抗体を精製した時のクロマトグラムを示して比較しています。
どの担体も、モノクローナル抗体を吸着後すぐに(Hold time 0min, 破線)溶出すると単一のピークで検出されていますが、吸着した状態で1000分間経った後に(青線)溶出するとNuvia™ HR-S(図G)以外の担体ではピークが2つに分かれます。
溶出時間の遅い2つ目のピークは、論文にて抗体単体と凝集体などの混合物であることや、凝集体はカラム上で少しずつ形成されることが分かっています。

各陽イオン交換担体でモノクローナル抗体を精製したクロマトグラム

したがって、Nuvia™ HR-Sは凝集体が10%以下となり、カラム上で凝集体を作りにくく、単体のモノクローナル抗体を高い収率で回収することができます。

本記事ではそのほか、別のモノクローナル抗体を用いて溶出した分子の流体力学的半径の測定結果や溶出パターンを示し、担体の材質や粒径などの特徴に関して言及しています。

このページの情報は役に立ちましたか?
お探しの情報が見つからなかった場合やご意見など、下記までお問い合わせください。

バイオ・ラッド テックコール
life_ps_jp@bio-rad.com,
03-6404-0331(平日9:00-17:00)

クロマトグラフィー関連記事
脱塩カラムの使用上のポイント (2017/12/12)
クロマトグラフィーでアデノウイルス簡単精製!! (2017/6/22)
エンドトキシンの除去のための担体・樹脂の選択 (2017/2/24)
どのクロマトグラフィー担体を使用するかお悩みの方へ - カラム・担体選択ガイド - (2015/11/30)
安定性が増した第2世代CHTハイドロキシアパタイト登場 - MPCセラミックハイドロキシフルオロアパタイト (2015/5/20)
医薬品・食品・バイオ燃料の研究に活用されている低分子化合物の分析用HPLCカラム (2014/12/19)
タグタンパク質や抗体を高純度に精製するためのワークフロー (2014/9/30)
困ってからじゃ遅い!初めにCHTセラミックハイドロキシアパタイトを選択してみては? (2014/3/27)
高流速、高分離能、高再現性のサイズ排除(ゲルろ過)カラム-ENrich SECカラム (2013/12/19)
ミックスモードクロマトグラフィーなら、Nuvia cPrimeでしょう!! (2013/6/20)
プロテインA担体の代わりに陽イオン交換担体で抗体の精製を (2011/11/25)
アフィニティタグのないリコンビナントタンパク質を全自動で精製! (2011/7/19)
ワンステップでタンパク質精製とOn-column Refoldingを (2011/4/28)
待ちきれないタンパク質の精製~確認をもっと早く! ~リコンビナントタンパク質精製の高速ワークフロー~ (2011/3/17)
   
その他のバックナンバーはこちらから