このコーナーでは、定期的にバイオ・ラッドの新製品や技術情報のトピックをご紹介します。

サンプルに含まれる塩の除去やバッファー置換が必要なことがあります。手法として透析、限外ろ過などがありますが、簡便な脱塩カラムを選択することが多いのではないでしょうか。 今回ご紹介する技術資料は、ゲルろ過樹脂による脱塩カラムの使用上のポイントについてご紹介します。

脱塩カラムでは、ゲルろ過樹脂内部に浸透しない大きさの分子、すなわち、ゲルろ過樹脂の排除限界以上の物質を回収します。

バイオ・ラッドの脱塩カラム (エコノパック10DGカラムなど) に充填しているBio-Gel P6 DGの排除限界は、およそ分子量6,000のため、分子量6,000以上のものは空隙体積(ボイドボリューム)に溶出します。
一方、塩やバッファーなどの分子量6,000未満の低分子は樹脂内部を通るため、空隙体積よりも遅れて溶出します。この溶出位置の違いを利用して、塩やバッファーなど低分子を分離します。 そのため、空隙体積は樹脂体積に依存するため、サンプル添加容量は必ず充填した樹脂体積の25%未満にします。

サンプル添加容量と樹脂体積比の違いによる分離の違い

A. サンプル 1.0 ml (樹脂体積 20%), B. サンプル1.5 ml (樹脂体積 30%), C. サンプル2.0 ml (樹脂体積 40%)

サンプル添加容量を樹脂体積の25%以上にすると、収率の低下ならびに低分子の混入が生じます。

クロマトグラフィー関連記事
クロマトグラフィーでアデノウイルス簡単精製!! (2017/6/22)
エンドトキシンの除去のための担体・樹脂の選択 (2017/2/24)
どのクロマトグラフィー担体を使用するかお悩みの方へ - カラム・担体選択ガイド - (2015/11/30)
安定性が増した第2世代CHTハイドロキシアパタイト登場 - MPCセラミックハイドロキシフルオロアパタイト (2015/5/20)
医薬品・食品・バイオ燃料の研究に活用されている低分子化合物の分析用HPLCカラム (2014/12/19)
タグタンパク質や抗体を高純度に精製するためのワークフロー (2014/9/30)
困ってからじゃ遅い!初めにCHTセラミックハイドロキシアパタイトを選択してみては? (2014/3/27)
高流速、高分離能、高再現性のサイズ排除(ゲルろ過)カラム-ENrich SECカラム (2013/12/19)
ミックスモードクロマトグラフィーなら、Nuvia cPrimeでしょう!! (2013/6/20)
プロテインA担体の代わりに陽イオン交換担体で抗体の精製を (2011/11/25)
アフィニティタグのないリコンビナントタンパク質を全自動で精製! (2011/7/19)
ワンステップでタンパク質精製とOn-column Refoldingを (2011/4/28)
待ちきれないタンパク質の精製~確認をもっと早く! ~リコンビナントタンパク質精製の高速ワークフロー~ (2011/3/17)
   
その他のバックナンバーはこちらから