このコーナーでは、定期的にバイオ・ラッドの新製品や技術情報のトピックをご紹介します。

IgMは、その構造や生化学特性のためにプロテインAやプロテインGに結合がしにくく、IgGよりも精製の検討が複雑になります。この技術資料では、陽イオン交換担体のNuvia SとCHT (セラミックハイドロキシアパタイト)TypeⅡを用いてIgMの精製を行っています。
陽イオン交換クロマトグラフィーでの精製は、中性/塩基性のIgMに適しており、3種類の異なるpI(pI 7以上)のIgMを使用してプロトコールの最適化を検討しています。

Fig.3とFig.4は、IgM-1 pI 7.5をサンプルとし、酢酸ナトリウムバッファーpH 5.0と酢酸ナトリウムバッファーpH 6.0をベースにNaClグラジェントで精製を行ったデータです。
非還元SDS-PAGEにて確認を行うと、pH 5.0のバッファーに比べてpH 6.0のバッファーを使用した方が、IgMのフラクションに含まれるトランスフェリン(TF)や血清アルブミン(SA)などの量が減少していることが分かります。

イオン交換樹脂によるIgMの精製

この技術資料は、大量のサンプルを精製することを想定して2工程(Nuvia S - CHT)で行っていますが、さらにサイズ排除クロマトグラフィー(SEC)などの工程を追加して精製度を高めることも可能です。

今回の記事の関連情報
アフィニティー担体を使用しない中性/塩基性IgMの精製 弊社の資料 Development of a Non–Affinity Based Purification Platform for Neutral/Basic IgMs
バックナンバー:プロテインA担体の代わりに陽イオン交換担体で抗体の精製をCHT™ Ceramic Hydroxyapatite XT Media Product Information Sheet
 
このページの情報は役に立ちましたか?
お探しの情報が見つからなかった場合やご意見など、下記までお問い合わせください。

バイオ・ラッド テックコール
life_ps_jp@bio-rad.com,
03-6404-0331(平日9:00-17:00)

クロマトグラフィー関連記事
脱塩カラムの使用上のポイント (2017/12/12)
クロマトグラフィーでアデノウイルス簡単精製!! (2017/6/22)
エンドトキシンの除去のための担体・樹脂の選択 (2017/2/24)
どのクロマトグラフィー担体を使用するかお悩みの方へ - カラム・担体選択ガイド - (2015/11/30)
安定性が増した第2世代CHTハイドロキシアパタイト登場 - MPCセラミックハイドロキシフルオロアパタイト (2015/5/20)
医薬品・食品・バイオ燃料の研究に活用されている低分子化合物の分析用HPLCカラム (2014/12/19)
タグタンパク質や抗体を高純度に精製するためのワークフロー (2014/9/30)
困ってからじゃ遅い!初めにCHTセラミックハイドロキシアパタイトを選択してみては? (2014/3/27)
高流速、高分離能、高再現性のサイズ排除(ゲルろ過)カラム-ENrich SECカラム (2013/12/19)
ミックスモードクロマトグラフィーなら、Nuvia cPrimeでしょう!! (2013/6/20)
プロテインA担体の代わりに陽イオン交換担体で抗体の精製を (2011/11/25)
アフィニティタグのないリコンビナントタンパク質を全自動で精製! (2011/7/19)
ワンステップでタンパク質精製とOn-column Refoldingを (2011/4/28)
待ちきれないタンパク質の精製~確認をもっと早く! ~リコンビナントタンパク質精製の高速ワークフロー~ (2011/3/17)
   
その他のバックナンバーはこちらから