このコーナーでは、定期的にバイオ・ラッドの新製品や技術情報のトピックをご紹介します。

PCRはRNAもしくはDNAを高感度で検出できるため、ごく微量のRNAウイルス、DNAウイルスのスクリーニングなどに利用されています。特に、感染症のスクリーニングには、作業従事者の感染リスクを最小限にするために、人為的操作をできるだけ少なくすることや同時に複数の検査項目をスクリーニングできることも望まれます。

今回は、2種類の病原性RNAウイルス(ジカウイルス、チグングニアウイルス)のRNAと病原性DNAウイルス(デングウイルス)のDNAにInternal positive control(IPC)として合成RNA(IC)とヒトゲノムDNA(RNase P)を添加した試料を Reliance One-Step Multiplex Supermixによる1ステップRT-qPCRで検出した技術資料(Bulletin 7196)をご紹介します。

3種類のウイルス遺伝子の5倍希釈系列とIPCのCq値プロット

上図に示すように、2種類のRNAウイルスとDNAウイルスの遺伝子の増幅効率はR^2=0.996~0.999とPCR反応阻害もなく増幅できました。

さらに、テンプレート入りの反応液を長時間静置すると、増幅や検出に影響することがありますが、Reliance One-Step Multiplex Supermixでは、室温に24時間静置した反応液でも、調製直後に測定した結果と同程度でした(下表)。

テンプレート添加直後と24時間経過後の各ウイルス遺伝子の検出感度の比較

このように、テンプレートを添加した反応液の劣化を気にせず使用できる Reliance One-Step Multiplex Supermixは、多く検体を扱う施設にお薦めです。

今回の記事の関連情報
このページの情報は役に立ちましたか?
お探しの情報が見つからなかった場合やご意見など、下記までお問い合わせください。

バイオ・ラッド テックコール
life_ps_jp@bio-rad.com,
03-6404-0331(平日9:00-17:00)

PCR関連記事のバックナンバー
リキッドバイオプシーからの新規RNAバイオマーカー探索を切り開く (2020/1/23)
改めて見直すリアルタイムPCR成功のコツとポイント (2019/12/20New!)
まだリアルタイムPCR装置に応じたROX濃度を調製していますか? (2019/6/20)
PrimePCR™アレイでlncRNA発現解析をお手軽に! (2018/6/26)
半自動化qPCRシステムによる遺伝子発現解析の作業軽減化 (2017/12/12)
巨人の肩に乗ってみよう -関連遺伝子の発現をリアルタイムPCRで一気に解析 (2017/4/14)
qPCR用アッセイで面倒なバリデーションを代行しています - PrimePCR™ (2017/1/1)
qPCRだけではなく、ウェスタンもしたいという欲張りな研究者の皆様に朗報! (2016/6/22)
シングルセルの発現解析もマルチプレックス・リアルタイムPCRでチャレンジ (2016/5/17)
Sso7d融合ポリメラーゼでPCR実験を高速化 (2016/1/24)
サンプル足りてる?増幅効率のバイアスの少ないPreAmpで、少量サンプルからの網羅的遺伝子解析を実現 (2015/12/17)
96ウェルプレートの培養細胞からハイスループットqPCRサンプル調製 ~RNA精製はもう必要ありません! (2014/11/20)
ポリメラーゼを見直して、実験時間の効率化を! (2013/7/19)
MIQEガイドラインに従わないと、間違ったqPCR結果に… (2012/1/20)
温度グラジエント機能を使って最速 X 最適 X 条件検討 (2011/9/29)
HRM解析における適したデータを得るためのポイントとは? (2011/6/20)
Hot StartのリアルタイムPCR試薬なら調製を室温で行っても大丈夫! (2010/11/18)
リアルタイムPCRの論文発表に必要なこととは? (2010/05/13)