このコーナーでは、定期的にバイオ・ラッドの新製品や技術情報のトピックをご紹介します。

シングルセルの遺伝子発現解析は、生物学的パスウェイやプロセスを理解するための、深い洞察を与えてくれるパワフルな技術です。今後シングルセルでの発現解析を実施してみたいという方も多くいらっしゃるのではないかと思います。

今回ご紹介する技術資料は、弊社で単離されたシングルセルの発現解析を、マルチプレックスRT-qPCR(逆転写リアルタイムPCR)によって実施するための推奨プロトコールを示しています。

資料には、細胞の事前準備をはじめ、シングルセルソーティング後のサンプル調製、cDNA合成、プレアンプと順次進めていき、最終的にマルチプレックスqPCRでの実施方法の例を紹介しています。今後シングルセルの発現解析を試みられる際にご参考になる資料ではないかと思います。

Sso7d table

今回の記事の関連情報
今回ご紹介したプロトコールの全文はこちらからご覧いただけます。 使用している機器の製品紹介ページへのリンク
デジタルPCR・PCR関連記事のバックナンバー