このコーナーでは、定期的にバイオ・ラッドの新製品や技術情報のトピックをご紹介します。

 ウエスタンブロッティングで着色済みの分子量スタンダードを使用すると、単に分子量の目安となるだけではなく、ゲルからメンブレンへのブロッティング状況をモニターできるというメリットがあります。しかし、近年よく用いられる化学発光用の検出試薬でバンドを検出した場合、一般的な着色済み分子量スタンダードではバンドを目視することはできても、X線フィルムやイメージャーの画像上でバンドとして検出されないために、フィルムや画像を重ね合わせる等の作業が必要でした。

 そこでお勧めなのが、プレシジョンPlus WesternC スタンダードとストレプタクチンHRP-標識を組み合わせて使用する方法です。プレシジョンPlus WesternC スタンダードには Strep-Tag配列が組み込まれているので、メンブレンを二次抗体で処理する際にストレプタクチンHRP-標識も添加しておくと、Strep-Tag配列にストレプタクチンが特異的に結合し、スタンダードの各バンドにHRPを結合させることができるのです。その結果、イミュンスターWesternCケミルミネッセントキット等の化学発光検出試薬でバンドを検出すると、目的バンドと同様にスタンダードのバンドも検出できるようになります。

クリックでPDFを開く クリックでPDFを開く
CBB染色と化学発光の検出結果 化学発光によって検出したバンドに基づいた分子量の検量線
今回の記事の関連情報
タンパク質電気泳動・ウェスタンブロット関連のバックナンバー

ウェスタンブロッティング関連(転写・検出)

電気泳動全般・ステインフリーゲル

その他のTechnical Brief のバックナンバー

ページ上部に戻る