このコーナーでは、定期的にバイオ・ラッドの新製品や技術情報のトピックをご紹介します。

ハウスキーピングタンパク質(HKP)は、サンプル間で発現量が一定であると考えられているため、ウェスタンブロッティングにおいてローディングコントロールとして用いられます。
しかし、細胞死や細胞分化などにより、HKPの発現レベルが変化することが知られているため、いくつか種類のあるHKPから選択する時に、発現レベルが一定であることを確認、評価することが推奨されます。 本技術資料では、予備実験としてHKPの評価方法のプロトコールをご紹介しています。

評価方法の概要は以下の通りです。
ウェスタンブロッティングで比較したい検体(例:グループA) ごとに 、タンパク質抽出などの調製を独立して行ったサンプルをそれぞれ3つ以上 (例:サンプル A1, A2, A3) 用意します。
アプライ量の異なるゲルを2種類作成し、1枚のゲルはCBB染色による総タンパク質量の確認、もう1枚のゲルはウェスタンブロッティングにてHKPの検出により、シグナル強度が安定していることを確認します。

評価の結果、タンパク質の発現レベルが一定でない場合は、ローディングコントロールとして使用できません。
他のHKPに変更したり、総タンパク質補正の導入したりなど、再検討が必要です。

このページの情報は役に立ちましたか?
お探しの情報が見つからなかった場合やご意見など、下記までお問い合わせください。

バイオ・ラッド テックコール
life_ps_jp@bio-rad.com,
03-6404-0331(平日9:00-17:00)

タンパク質電気泳動・ウェスタンブロット関連のバックナンバー
【ウェスタンブロッティング関連(転写・検出)】
ウェスタンブロッティングのローディングコントロールで迷った時に (2017/9/14)
蛍光ウェスタンブロッティングをより身近に - 新しい蛍光色素がもたらす革新 - (2017/5/26)
免疫沈降実験で"役に立つ"検出試薬, TidyBlot™ (2016/12/28)
ウェスタンに失敗しないための抗体選び ~PrecisionAb™抗体~ (2016/2/29)
様々な用途に使用できるStain-Freeのテクノロジー ~ウェスタンブロッティングにおける総タンパク質補正~ (2015/9/24)
ChemiDoc Touch を使用したお客様からの喜びの声 (2015/8/24)
ウェスタンのバンドは濃すぎず、ほどほどに! (2015/2/27)
こんなに変わるの? 蛍光ウェスタンの実験プロトコル最適化のポイント (2014/10/20)
その化学発光、本当に正しく定量できていますか? (2014/5/21)
より安全なバイオ医薬品開発のための2-Dウェスタンワークフロー (2014/4/22)
2Dだけじゃない!Western Blotのトラブルも診断してくれるBio-Radのドクターシリーズ (2013/5/20)
これから蛍光ウエスタンを始める方のために (2012/11/25)
失敗の少ないウェスタン、定量性あるウェスタンのために必要なソリューションとは? ~V3ワークフロー (2012/7/20)
200kDaの高分子タンパク質でも、10分間で高効率な転写! (2012/2/20)
ブロッティングの検出は化学発光からマルチ蛍光検出へシフト中 (2011/10/27)
ケミルミで検出したバンドの分子量計算にお困りではないですか?
 ~プレシジョンPlus WesternCスタンダードなら可視検出にもケミルミ検出にも対応~
(2011/5/24)
X線フィルムと化学発光撮影装置、どちらが便利? (2010/08/16)