このコーナーでは、定期的にバイオ・ラッドの新製品や技術情報のトピックをご紹介します。

免疫沈降(IP,Immunoprecipitation)実験では、アガロースビーズや磁気ビーズに抗体を結合させ、サンプルに含まれる目的の抗原タンパク質やその複合体を捕捉して回収します。 免疫沈降により回収したサンプルをウェスタンブロッティングで検出する時は、検出が難しい場合もあり、実験手順の中に考慮する点が多くあります。

このガイドは、免疫沈降からウェスタンブロッティングによる検出までの実験計画に役立つ、一連の手順の中での注意点を記しています。

トピック
  1. Immunoprecipitation用抗体の選択
  2. 抗体との親和性の確認(プロテインA/Gの選択)
  3. 適切なコントロールの使用
  4. サンプルの溶解バッファーの選択
  5. サンプルの濃縮
  6. 抗体量の最適化
  7. 効率の良い洗浄
  8. 最適な溶出方法の選択
  9. 溶出サンプルの変性
  10. ウェスタンブロッティングの実施

例えば、Immunoprecipitation用抗体の選択にあたっては、免疫沈降に対応した抗体を用いる必要があります。 免疫沈降では未変性のタンパク質と抗原抗体反応を行いますが、変性タンパク質は認識できても、未変性タンパク質には立体構造などが影響して反応しない抗体もあります。 そのため、未変性タンパク質との反応性が分からない抗体については、あらかじめ下図のような予備実験を行って、免疫沈降で使用できるか確認しておく必要があります。

GAPDH IPサンプルのウェスタンブロッティング検出

Jurkat細胞溶解物に対して、ヒト抗GAPDH抗体(カタログ番号HCA272)10 ug/ml(Lane 3)および1 ug/ml(Lane 4)を用いて免疫沈降(IP)を実施した。
Lane2: ヒト抗HSPA4抗体 (カタログ番号HCA273)、ネガティブコントロールとして Lane5: Jurkat細胞溶解物 (WCL:Whole Cell Lysate)、ポジティブコントロールとして

このページの情報は役に立ちましたか?
お探しの情報が見つからなかった場合やご意見など、下記までお問い合わせください。

バイオ・ラッド テックコール
life_ps_jp@bio-rad.com,
03-6404-0331(平日9:00-17:00)

タンパク質電気泳動・ウェスタンブロット関連のバックナンバー
【電気泳動サンプル調製】
SureBeads 磁気ビーズのクロマチン免疫沈降 (ChIP) への応用
qPCRだけではなく、ウェスタンもしたいという欲張りな研究者の皆様に朗報!
植物の葉のサンプル調製にもProteoMiner
操作時間もコストも削減、SureBeads 磁気ビーズを用いた免疫沈降
Peptide Ligand Library と In-Gel IEF の応用による網羅的なショットガンプロテオミクス
SDS-PAGEのサンプル調製のプロトコール
Peptide Ligand Libraryによるタンパク質サンプル調製の新しい技術
【ウェスタンブロッティング関連(転写・検出)】
定量的なウェスタンブロッティングのためのデータ補正方法
リン酸化タンパク質のウェスタンブロッティングにおける10のポイント
最適な転写バッファーを選ぶポイントとは?
そのハウスキーピングタンパク質(HKP)、ローディングコントロールとしての評価をしていますか?
PrecisionAb™抗体のハイスループットな評価方法
ウェスタンブロッティングのローディングコントロールで迷った時に
蛍光ウェスタンブロッティングをより身近に - 新しい蛍光色素がもたらす革新 -
免疫沈降実験で"役に立つ"検出試薬, TidyBlot™
ウェスタンに失敗しないための抗体選び ~PrecisionAb™抗体~
様々な用途に使用できるStain-Freeのテクノロジー ~ウェスタンブロッティングにおける総タンパク質補正~
ChemiDoc Touch を使用したお客様からの喜びの声
ウェスタンのバンドは濃すぎず、ほどほどに!
こんなに変わるの? 蛍光ウェスタンの実験プロトコル最適化のポイント
その化学発光、本当に正しく定量できていますか?
より安全なバイオ医薬品開発のための2-Dウェスタンワークフロー
2Dだけじゃない!Western Blotのトラブルも診断してくれるBio-Radのドクターシリーズ
これから蛍光ウエスタンを始める方のために
失敗の少ないウェスタン、定量性あるウェスタンのために必要なソリューションとは? ~V3ワークフロー
200kDaの高分子タンパク質でも、10分間で高効率な転写!
ブロッティングの検出は化学発光からマルチ蛍光検出へシフト中
ケミルミで検出したバンドの分子量計算にお困りではないですか?
 ~プレシジョンPlus WesternCスタンダードなら可視検出にもケミルミ検出にも対応~
X線フィルムと化学発光撮影装置、どちらが便利?

その他のTechnical Brief のバックナンバー